TEL

スポーツ障害 | 奥州市の整骨院なら口コミ多数のかわむら整骨院まで

お問い合わせはこちら

スポーツ障害

スポーツ障害による痛みにお悩みの皆さんは奥州市のかわむら整骨院まで

こんなつらい思いをしていませんか?

・野球肘でボールを投げる時痛い
・ジャンプをする時、膝が痛くなる
・テニス肘
・腰が痛い
・オスグッドシュラッター病(脛骨が隆起する)

瞬間的に外から大きな力が加わり、体に過剰な負担がかかるとケガにつながるケースがあります。分かりやすい例で言うと、

・骨折
・捻挫
・脱臼

などです。これらの症状が出たら、「スポーツ障害」です。
早期に対処しなかった場合、重症になって回復するまでスポーツができなくなってしまいます。

それだけでなく、日常生活にも支障をきたすこともあるでしょう。

かわむら整骨院では、幅広いスポーツ障害に応じています。
これまでに、アスリートの施術に対応した経験もあります!
お子さんでも大人のお客さんでも関係なく、スポーツ障害の施術をいたします。

スポーツ障害はこんなことが原因です

スポーツ障害は、学校や部活動でスポーツをよくするお子さんにとても多いです。

成長期は関節や骨が軟らかい時期です。
そんなデリケートな時期にスポーツで過剰な負担をかける、激しいトレーニングを繰り返すといったことを続けていると、スポーツ障害の原因になるケースがあります。

大会や試合を目指し、一生懸命スポーツをしなくてはならな状況でも、コーチからの
指導やサポート、専門家からのアドバイスや知識、十分な休養が必要です。

スポーツ障害を起こさないために何ができる?

激しいスポーツをする場合でも、きちんと対策をしていればスポーツ障害は十分に防げます。

スポーツ障害の予防で基本的なことは、

・ウォームアップ
・クールダウン

をしっかりすることです。
しかしこの予防法は、運動するお客さんならすでにご存知でしょう。

それ以外で予防として意識しておいてほしいのは、

1)練習は適度にする
2)自分の体格に合った強度の運動やトレーニングをする
3)小さなサインを見逃さない

この中3)は、あまりできてないお客さんが多いです。

痛みが出て病院や治療院に駆けつけるお客さんは一般的ですが、たとえ症状がなくてもすでにスポーツ障害が発生し、進行している可能性があります。

体に自覚症状がなければ気付けといっても無理ですが、例えば最近、野球で投球する時、肘が自然と下がってきたなぁと感じていたら、肘にスポーツ障害が生じている可能性があります。そのまま放置し、症状が出て来院する時にはすでに重症化…というのは、避けたいですよね。

全く違和感がない時は気づけなくても仕方ないですが、周りの指導員やご家族が、いつもよりもパフォーマンスが落ちていると感じる部分があれば、スポーツ障害の可能性を疑ってみるのもいいでしょう。

些細なサインを見逃さないことが、スポーツ障害を早期に食い止めるポイントです。